不動産投資情報は【不動産情報】

不動産に関するQ&A

不動産は決して安い買い物ではありません。疑問点は解消し、すでに起こしてしまったトラブルの対処法についてもここでご紹介していきます。

まだ住んでいないけど解約したいのですが
事前に不動産を見学せずに間取り図だけで物件を決めた場合よくある質問のようです。間取り図と実際の部屋の広さに大きな違いがあるなど、何かしらの問題がある場合は消費生活センターによると解約できるようです。

これまでに支払ったお金や引越し資金なども請求できるそうですが、各不動産業者によっては契約時にそれが不可能になっている場合もあるので確認してみてください。

また、こういったトラブルを起こさないためにも不動産を契約する際は必ず見学に出向いたほうが良さそうです。
家賃の値上げを要求されたのですが応じる必要はありますか?
社会的な経済の悪化や生活状況にもよりますが、周辺の賃貸物件と比べて家賃を下げたり上げたりなど調整や変動はあるようです。まずは大家と話をつけて変動前の家賃を受け取ってもらいましょう。

大家が家賃を受取らないからといって滞納しておくと、契約の打ち切りと退去を求められてしまうので要注意。どうしても話が収まらない場合は不動産の専門家か弁護士へ。
入居前の家賃を請求されたのですが
入居していなくても契約書で契約開始日を決定してしまうと不動産の家賃が発生します。その日付から支払い義務が発生するため逃れられませんが事前に回避したのであれば契約開始日を入居日に設定することをおすすめします。
敷金・礼金ってなに?
敷金は部屋を借りる際の担保のようなもので、通常の家賃の2倍から3倍を支払う必要があります。敷金の目的は利用者が家賃を滞納した際に割り当てられたり、利用者の不注意によって建物に損害を与えた場合修理代金として利用されます。

そのため退去時に特に部屋の中の物を破損していなければ敷金は戻ってきます。しかし、そんなに部屋を汚していないのに敷金が戻ってこないといったケースは多く聞かれますので、契約時に先方とよく話し合ってください。

また、礼金は貸主に対してお礼として支払う費用で、通常の家賃の1倍から2倍、退去時に戻ってくることはありません。
貸家でペットを内緒で飼いたいのですが
不動産の持ち主に発見された場合、そく退去を命じられるか罰金になる恐れがありますので絶対にやめたほうがいいと思います。仮に現在ペットと一緒に住んでいたとして、隣人に密告されたりする恐れもあるのでどうしても飼いたい場合はペット入居可能な不動産を探しましょう。

すでにばれてしまったという方は大家さんと交渉して次の不動産が見つかるまでは滞在を可能にしてくれるか交渉しましょう。まぁ、トラブルを起こさないためには内緒でペットを飼わないのが一番です。
ベランダとバルコニーってどう違うの?
ベランダや屋根の付いた長細い縁状のものを指しますが、バルコニーはベランダに比べると広く生活空間を延長して使えるものです。しかし、不動産の位置づけによって呼び方は異なるので一概にもこれとは言えません。

recommend

最終更新日:2017/10/19

Copyright © 2009 不動産情報 All Rights Reserved.