不動産投資情報は【不動産情報】

アパートとマンション

そもそもアパートとマンションとは何が違うのでしょうか。家賃に大きく差がついているのは一目瞭然ですがなぜ同じような建物でもそのように違いが出てくると思いますか?

実はアパートとマンションとでは構造上の違いがあり、それぞれが持つ耐久性なども少し違ってきます。

アパートと呼ぶかマンションと呼ぶかはこれといって規定はありませんが、不動産が宣伝する際にアパートとして売りたいのであればアパート、マンションとして売りたいのであればマンションと呼んでいるようです。

「コーポ」や「ハイツ」などもよく聞きますが、建物の名前や名称であってアパート、マンションとの違いについてはなんら関係がありません。

「コーポ」や「ハイツ」は2、3階建てのアパートかマンションか区別しにくい建物の名前になっていることが多いようですが、その定義は各不動産で異なるので確認の必要があります。

アパートとは

木造やプレハブで出来た準耐火性の集合住宅をアパートといいます。一棟あたりの戸数が少ないため、建築費用も抑えられており工事時間も短く、そのため家賃はマンションより安い傾向にあります。

同じ条件、若しくは似たような建物でもマンションとアパートとでは家賃に数千円から数万円の違いが出てきます。しかし、マンションより防音や耐火性が多少落ちるため、安全性を考慮したいのであればマンションを選んだほうが良いでしょう。

とにかく家賃の安い物件をお求めならアパートが断然お勧めです。まれにこれでアパートなのかと疑うほどの高級感を兼ね備えた建物がありますよね。

そうなんですよ、一昔前まではエアコンはマンションしか付いていないというイメージを持つ方もいらっしゃるとは思いますが、最近のアパートってデザイン性に優れていてマンションに引けを取らないんですよね。

マンションとは

鉄筋コンクリートあるいは鉄筋鉄骨コンクリートで造られた耐火性に富んだ集合住宅のことです。部屋の間取りや建物の造りはさほど変わりませんが、遮音性はマンションのほうがやや上。

このためマンションとアパートの大きな違いといえば遮音性にあるといえます。どうしても木材やプレハブで出来たアパートはマンションに比べると遮音性が落ちてしまうので、物件を選ぶ際は建物の構造を考慮して床の素材など建物の中身について不動産に問い合わせる必要があります。

管理体制も整っていることが多く、共有部分の設備も含め家賃だけでなく管理費用もアパートよりはマンションのほうが若干高めといえるでしょう。

pickup

最終更新日:2015/3/2

Copyright © 2009 不動産情報 All Rights Reserved.